先物取引について

先物・投資入門

先物取引について

先物取引について

先物取引ってどんな物でしょう?
初心者からするとどの様な物なのか全く想像が付きませんよね。
先物取引の基本を説明して行きます。
どの様な物なのか理解して、投資に挑戦してみましょう。

商品先物取引所と言う物があって、そこで様々な商品、銘柄が売り買いされています。
その取引はすべての人に公開されている物なので、特別に資格などなくても参加する事ができます。

誰でも参加する事は可能ですが、独特のルールや特徴があるので、一般的な市場との違いを知っておく必要があるでしょう。

一般市場における商品取引はその場で代金を払ってその場で商品を受け取る物です。
それを実物取引と呼びます。

それに対して商品先物取引所では、将来の一定期日に、商品を受け取る事が出来る権利を動かす物なんです。
価格が変動する物に対する料金を、あらかじめ決めておく事になるので、差額が生じる事になります。
それによって投資した人は得をしたり損をしたりする事になります。

将来を予想すると言う意味では、株の取引に近い物があります。
先物取引が経済的に与える影響は、先物で価格変動があらかじめ予測出来る事もあり、
変動リスクに直面する人達の心理や経済的負担を軽減することもあります。

身近に株をやっている人は少なくは無いと思いますが、先物をやって居る人となると、そんなに多く無い様なイメージがあります。

しかし実際には、商品先物取引会社に口座を開いている人は10万人を超えているといわれ、証拠金として預けられている総額は3000億円にも上り、その取引の出来高は150兆円以上あると言われます。
消して小さい市場では無い事が分かります。

インターネットが普及したことにより、参加しやすくなったので、これからもその規模は大きくなる事が予想されます。

copyright(C)先物・投資入門