商品取引会社

先物・投資入門

商品取引会社

商品取引会社

個人が先物取引を始めようと思った場合、商品取引会社に口座を開く事になります。 商品取引会社についても少しお話をしましょう。

商品取引会社とは、法律上では「商品取引員」と呼ばれています。

商品取引員とは法律に基づいて、農林水産大臣及び経済産業省から認可を受けた会社を指して居ます。 しっかりとしたルールを守れる会社で無いとその許可はおりません。

現在ではオンライントレードが出来る事からも、その数は増えていますが、営業マンと連絡を取って、相談しながら購入する事も可能です。 有名な商品先物会社を紹介します。

ドットコモディティ

大手で、先物は危ないと言うイメージを覆す為に作られました。 様々なコースやポイントサービスが充実してます。 オンライントレード専用です。

フジフューチャーズ

情報ツール等が使い易いです。 手数料は安くありませんが、充実した情報とツールを考えると決して高いとは思いません。

日産センチュリー証券

高速な注文ツールがある事で有名です。 手数料も安いです。

岡藤商事

豊富な機能とインターフェイスを備えている。 取引手数料も安くて、デイトレード向きと言えるでしょう。

copyright(C)先物・投資入門